【トピックス】たまプラーザ地域ケアプラザ お楽しみ会

    2019年2月8日(金)は横浜市たまプラーザ地域ケアプラザで毎年行っている「お楽しみ会」にフェリーチェがマンドリン演奏で参加しました。今回は18名が参加し、エーデルワイス、ミカンの花咲く丘、ちょんまげメドレー、知床旅情、星に願いを、夜桜お七、ルンバの7曲と、アンコールに応えてふるさとを演奏しました。楽器紹介もしました。マンドラやマンドロンチェロはほとんどの方がご存じなく、関心が高かったようです。また、演奏も口ずさみながら聞かれていて、最後は大きな拍手をいただきました。

たまプラーザ地域ケアプラザのURLは下記

http://www.ryokuseikai-yokohama.jp/publics/index/10/


あおば ゆかいな春フェスタ

 2月に入り節分まであと2日ですが、まだ寒い日が続いています。

横浜市青葉区文化センター”フィリアホール”では2019年2月1日(金)に「あおば ゆかいな春フェスタ」が開催されフェリーチェも参加しました。

ホールへの出演はギター、アコーディオン、ハーモニカなどの音楽演奏をはじめ、バレー、フラメンコなど14団体。ホワイエにはアロマ、四柱推命、フラワーアレンジメントなどの講習会と作品展示・販売など30団体が参加して賑わっていました。

 マンドリーノ・フェリーチェはマンドリニストの行進曲、フニクリ・フニクラ、ルンバ、オリーブの首飾りの4曲ですが、最後のオリーブの首飾りでは指揮者の桜井至誠によるマジックを披露。会場を大いに沸かせました。撮影禁止とかで演奏の写真のないのが残念。


ソフリット、ランチカフェコンサート

  田園都市線たまプラーザ駅南口に直結した、たまプラーザ地域ケアプラザでは高齢者、子ども、障害のある人など誰もが地域で安心して暮らせるよう、身近な福祉・保健の拠点としてさまざまな取り組みを行っています。

 イベントではオリジナルの絵本つくり、生オケ、コンサート、フットサル、コーヒーセミナー、お誕生日会など、とても多彩です。料理グループであるソフリットによるランチカフェコンサートはランチをいただきながら演奏を楽しんでいただこうという催しで、2019年1月29日(火)のコンサートにマンドリーノ・フェリーチェが参加しました。

 先着30名ですが、今回は定員を上回る35名の方にご来場いただきました。12:30からはランチタイムで、13:00から演奏。フェリーチェ代表の新原さんが司会をつとめ、8曲を演奏しました。浜辺の唄、知床旅情、エーデルワイスは皆さんに歌っていただき、ルンバでは持参したマラカスをソフリットの方が振って下さり、会場が盛り上がりました。アンコールの手拍子の中、「ああ人生に涙あり」(水戸黄門)で演奏会を終えました。

 なお、ソフリットとはイタリア料理で隠し味に使われるソースのこと。タマネギ、ニンジン、セロリなどの野菜をオリーブオイルでじっくりと炒めて作ります。

 

たまプラの情報サイト「ロコッチ」でイベント情報などを発信しています。

https://locotch.jp/tmpz/event/events/2333/


2019年弾き初めと新年会

 2019年の合奏練習が田園都市線江田駅近くの荏田西コミュニティーハウスで1月18日に始まりました。

練習曲は2月1日に開催される「ゆかいな春フェスタ」で演奏する「マンドリニストの行進曲」や「フニクリフニクラ」などと、定期演奏会の曲目でチャイコフスキーの「舟歌」、桑原康雄の「The Song of My Twinkle Star」など。

 練習が終ってからはイタリアンレストラン「マルターノ」で新年会。昼からのワインでほろ酔い加減の人もいました。今年は1月29日たまプラ地域ケアプラザのランチ・カフェコンサート、2月1日あおばゆかいな春フェスタ、2月8日に同じくたまプラ地域ケアプラザの演奏会と続いています。